マンションの消防用設備等の点検について

###Site Name###

マンションに設置される防災設備は、消防法により、その規模や回数によって細かく分類されています。マンションの防災設備には、消火器やスプリンクラー設備、自動火災報知設備など様々な設備があります。
そしてこれら種々の防災設備には、設置の義務の他に点検の義務もあります。点検は、外観や機能の点検を行う「機器点検」と総合作動等を行う「機器点検」の2種類の点検があり、機器点検は半年に1回、総合点検は1年に1回実施して、原則として3年に1回、管轄する消防署へ報告を行わなければなりません。また、点検にあたっては、国家資格である消防設備士(甲種または乙種)、あるいは第1種または第2種の消防設備点検資格者が実施する必要があります。
ただし延床面積が1000平米未満のマンションまたは延床面積が1000平米以上のマンションであっても管轄する消防長または消防署長から指摘を受けなければ、マンションの管理者(すなわち理事長)が自ら点検を行っても良いと消防法施行令で定められています。

この点は管轄する地域によって規定が異なりますので、事前に所轄の消防に相談に出向くことをお勧めします。


マンションでよく見かける防災設備に消火器があります。

今回はこの消火器についても以下で説明を行うことにします。消火器には通常、A(普通)火災、B(油)火災、C(電気)火災用の3種類の消火器が存在します。

ガス火災や金属火災を含む全ての火災に適合する消火器はありません。
消火器のついては、錆・腐食・変形・傷・ホースのひび割れ・圧力の低下等について日常のチェックを行い、前述の点検資格を持つ者(第6類の消防設備士または第1種の消防設備点検資格者)に定期的に点検を行わせなければなりません。

また、消火器には、安心して使用できる期間を本体や取扱説明書等に表示してあります。

その年数を過ぎた消火器はもちろんですが、年数内であっても錆や腐食等の劣化が見られる消火器は危険ですので、使用は控え、新しいものに交換して下さい。



https://www.osaka-zaitaku-work.com/
http://www.jahhc.com/
http://www.moj.go.jp/MINJI/MINJI79/minji79.html